早川タダノリ @hayakawa2600 ·
会社の帰りに、近所の小さな本屋さんによったら、すごくよぼよぼっとしたおじいさんが『WiLL』を買っていった。あっここにも「歴史戦士」がいる!と思った。『WiLL』とか『正論』の読者欄は、一昔前の『ムー』の読者欄のように、「歴史戦士」たちの社交場になってんだろうなーと思うと胸熱。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
大昔、産経新聞の読者投稿欄の手紙を毎日20〜30通読んでからまともなものだけを論説のお爺さんに渡す係してましたので、そのキチガ・・・その戦士ぶりは吐くほど知ってます。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
日本語として判読できるかどうかでまず半分がゴミ箱行き。長すぎるのもゴミ箱行き。「戦時中のこと書いたものはもういらんから」と言われたので残りのまた半分がゴミ箱行き。潰えていく戦士、ちょっと気の毒だったなぁ。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
「なんでもかんでも持ってくんなよ! 君は日本語読めるんだろう」って論説のお爺さんに怒鳴られてから自分で全部読むようにしたのですが、あれはいい経験だったなぁ。ボケとウヨと軍事マニアと戦中懐古のミクスチャーを毎朝ながし読み。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
ふらっふらの字で完全に自分の妄想ばかりを書き綴ったお婆さんの手紙がほとんど毎日きてたんだけど、ある日とつぜん来なくなってすごい心配になった。


Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
常連さんがいて、それはどうしたら掲載されるのかちゃんとわかってる。彼らは軍国主義なりの理知を持っている。これ以上だと掲載されないなってセーブしてる感じがする。彼らとはきっと会話できる。やばいのは掲載されないゴミ箱行きの人たち。


on Quixote 3001 @DonQuixote3001
彼らにSNSや2ちゃんがあったらそりゃもう書きまくっただろうね。そしておそろしいことに、理知の破片も話を聞いてもらおうという修辞も書かれている内容の客観性もないゴミ箱行きの投書と同じクオリティのものが、今は新聞記事と等価で流通しちゃう。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
それどころか「新聞は嘘つき」とか言うからすごいよね。インターネットは人民に力を与えると昔本気で考えて今の仕事選んだけど、まさかこうなるとは思わなかった。誰かが言っていたが昔は自動的に「インターネット性善説」をとってた、みんな。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001 
「インターネットはメディアを破壊するメディアだ」とか考えてユニックス万歳! オープンソース万歳! って思って『伽藍とバザール』とか愛読してオライリー教にも入信したけど、まさかこんなメディア破壊方法とは思ってなかった。かつて投書を選別していた自分自身の感覚が、今や信じられない。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
産経とは言えお世話になった会社なのであまり細部を書くのは差し控えるけど、「歴史戦士」のトンデモ歴史解釈の基本にあるのは歴史修正主義者と同じ要求で、それは結局すさまじいまでの「自己承認欲求」なんだと思う。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
一流大学の一流の学者と歴史について討論することが彼らの最大の歓びであって、歴史修正は実は二の次なんだと思うのです。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
軍国主義賛美の投書をする人にもそれが言えるような気がしました。歴史を修正するつもりはほとんどなく、彼らの戦争に関する結晶化した記憶が正しかったということに、どうしても権威付けがほしいだけなんじゃないか、と。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
権威付けをするためにかつては大新聞にせっせと投書をおくっておったのだけど、今は名のある学者や知識人や有名人に反論をメンションするだけで自分自身の権威はあがるわけですよ。かつての歴史修正主義者が果敢にヴィダル・ナケなんかに論争を迫ったのの現代版。


Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
だから歴史家のデボラ・リプシュタットなんかは絶対に修正主義者とは対談しないと明言していた。歴史家と修正主義者がテレビで討論をする場面を見た何も知らない視聴者は「ははあ、歴史家には保守的なアカデミシャンと革新的な修正主義者とがいるんだな」と考えてしまう。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
彼らにしてみれば、ヴィダル・ナケやリプシュタット博士と同等に討論することがすでに勝ちであるから。その時、その内容はもはやどうでもいい。自分は偉大な歴史家と正面から戦った、そのことがメディアに取りあげられた、という歓びでいっぱいだから。

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
歴史家のリプシュタットは書いている。
”プロデューサーは怪訝な顔をした。私が、全国ネットのテレビ番組に出演するという絶好の機会を断ったのが、彼女には信じられないのである。「でも、あなたはこの問題をテーマに本をお書きになっている。大きな宣伝になると思うのですが」”

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
”私は、ホロコースト否定者との論争には参加しないことを繰り返し説明した。ホロコーストが有ったか無かったかは、私にとって論争の対象になりえない。彼らと一緒に画面に出るつもりはない。”

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001
”プロデューサーは、私の決心を変えようと、最後のひと押しをした。「私は、彼らの言い分には賛成しないわ。でも視聴者は、もう一方の見解も聞く必要があるとは思わない?」”

Don Quixote 3001 @DonQuixote3001 
歴史には「もういっぽうの意見」はないし、レイシズムにもない。昨日のニューズウィークはこのTVプロディーサーと同じミスを(さらに醜悪な態度で)おかしている。論争の可能性もないしもう一方もないし、中立という夢の舞台もない。

Don Quixote 3001 ‏@DonQuixote3001 ところが今はメンション程度でそれができちゃう。少なくとも無視されても自己承認欲求はある程度満たされ、バカは「もう一方の意見」を知ったと思う。無視ですませたものがメディアの力を持つと、それはどんどんつぶしていかないといけない量の問題となった。 Don Quixote 3001 ‏@DonQuixote3001 ”あらゆる陰謀論と同様に、彼らは歴史家たちのコンセンサスを言い逃れる新たな方法をいつでも見つけ出す。彼らにとって、ホロコーストを否定することは歴史学的データを確立することとはことなっている。”  ロバート・イーグルストン『ホロコーストとポストモダニズム』

Don Quixote 3001 (DonQuixote3001)さんはTwitterを使っています (via tue1972)

30年の生涯を駆け抜けたゲームライター・原田勝彦の記事選集

ゲーム・レジスタンス

30年の生涯を駆け抜けたゲームライター・原田勝彦の記事選集

ゲーム・レジスタンス

地獄への道は善意で舗装されている」の本当の意味

みんなこの言葉を「善意が集まって悪いことが起こる」という意味で使ってるけど、本来の意味は違う。

本来は、「地獄へ行かなければならないような悪人地獄へ行く際に、その道中すら獣道であってはかわいそうだ、だから善意によってそこは舗装してあげよう」という話がもとになっていて、だから「どんな悪人に対しても、思いやりや善意の心を持とうね」という意味である

「地獄への道は善意で舗装されている」の本当の意味 (via gnt)

「というデマを考えついたので積極的に広めてください。」

まで本文。

(via ittm)

―― 「シンプルな」と付けた意味は?

mixiはアプリとか余計な機能を追加していって、使いづらくなってユーザーが離れていったから。どうしても、機能を追加してごちゃごちゃさせちゃうのは、日本人の性なんですけどね(笑)。

音楽を例にとっても、日本の音楽は、海外に比べて音の密度が高いと言われている。アメリカのマスタリング・エンジニアにとったら、日本の音源は、音が多過ぎてどこをいじっていいか分からないんです。それぐらい、音の情報量が多い。

逆に、アメリカで売れているポップスって、めちゃくちゃシンプルにできている。それが日本でできないのは、「被り」が怖いからでしょう。ちょっとでも聞いたことがあるメロディだったりすると、すぐにネットで叩かれてしまいますからね。

―― エンジニアからすれば、シンプルなサービスってことになりますね。それも音楽と同じく、被ることを恐れ、多機能性に走る傾向があると思います。

情報過多で多機能過ぎるサービスは、どこがスポットなのか分からないですよね。それはサビが分からない曲と同じこと。やっぱり、一発でサビが分かる曲って、良い曲なんですよ。

インターネットによって情報量が圧倒的に増えたことで、みんなシンプルなものを欲するようになってきている。

そういう時代の流れの中、「ファーストインプレッションの優しさ」っていうのは、音楽だけでなく、どの業界でも通じる大切な要素だと思います。

「今必要なのは、究極にシンプルなmixi」ニコ動生まれのアーティストkz氏(livetune)に聞く、ネットカルチャーの未来【特集:New Order】 

被他殺願望、つまり「他人に自分を殺してもらいたい」というのを考えてみる。これは自殺願望と同じだろうか?

すぐに言わなくてはならないのは、誰かに頼んで自分を殺してもらうのは自殺の一種に過ぎず、被他殺願望ではないということだ。

例えば以下のような場合を考えてみる。

通り魔殺人事件があり、犯人は「誰でもよかった」と証言している。犯人は被害者と面識がなく文字通りの通りすがり。犯行は予測不能で抵抗して逃れることもできなかった。このとき被害者は被他殺願望を持っていた。被害者の被他殺願望は満たされただろうか?そしてもし被他殺願望が自殺願望と同じなら、自殺願望も満たされたと言えるだろうか?

状況からすると被害者に落ち度はなく自殺ではない。にもかかわらず自殺願望が満たされることがあり得るだろうか?

死にたいと漠然と願うことと自殺を決心するのとは思いの程度が違うだけではなく論理的に違うことなのかもと考えて極端な例を考えてみた。

ちなみに予測不能かつ不可避の死は事故や災害などでごく普通にある。

ロンドンの地下鉄や空港で、河野氏がデザインしたフォントは、今でも使われている。「いいものを作ることの問題点は、いったん作るとそれ以後仕事が来なくなること」と河野氏は笑う。

実はメイリオまだ進化中! 誕生秘話を河野氏に聞いた - @IT (via whimsy) (via tuvuan) (via takaakik) (via petapeta) (via deltam) (via kojiroby) (via plus16hours) (via ssbt) (via hsmt) (via etecoo) (via ontheroad) (via otsune) (via quote-over100notes-jp) (via nandenandenande) (via shiraimo) (via girio) (via tkashiwagi)

そして、今回の決算でラブライブ!スクフェスが売れても版権使用料で伸び悩み、オリジナルゲームも不振という事でソーシャルゲームバブルがはじけ、また赤字や特別損失を計上し、人を1300人から一気に700人程度まで減らすと発表した。

急激に雇用された数百人の社員が勤続年数3年以下で無職にされるのだ。

急に増やしたり減らしたり、と言うのは感情の問題だけでなく、社内ノウハウの蓄積や継承の破綻につながり、今後の運営そのものが鈍化する可能性を持つ。


なのに、アニメの廃校メソッドのように株主総会で「涙の演出」をして社長が株主を泣き落としにかけて感情に訴えるというのは、バカバカしいし、また自己演出が好きな真田社長らしいな、と思う。

っていうか、ラブライブ!のアニメは抜けようとした仲間を引き留めるリーダーだったよね。でもKLabは人を簡単に雇っては辞めさせる。ソーシャルゲームの雑魚カードみたいに従業員を扱っている。


ただし、実際に過労で倒れた人間から言わせてもらうと、過労で倒れたら後遺症は残るしアニメのラブライブ!みたいに簡単に回復はできない。そして人は死ぬ。人は死ぬが、ソーシャルゲームの雑魚カードみたいに消費したら消滅するわけではなく、色々な負の連鎖が続く。


その事を経営陣と投資家は覚悟してもらいたい。

なのに、KLabの取締役は「起業したい君はまずブラック企業に入りなさい」というワタミみたいな本を書いている。


現実とアニメは違うぞ!

ラブライブ!に倒産を救われた赤字企業KLabの株主総会でリアル廃校メソッド泣き落とし! - 玖足手帖-アニメ&創作- (via katoyuu)

JAPANESE ONLYは実際そう思ってないとなかなか言えないけどSay NO to Racismは実際そう思ってなくてもわりと言えるよねという非対称性

お菓子作りが趣味な人がお菓子を作って皆に無料で配る。

思いのほか好評で欲しがる人が増える。

丁度よくお菓子屋さんから声がかかったので、商品として置いてもらう。

「以前は無料で配ってたのにお金取るの!?!金の亡者め!無料でよこせ!」

今のボカロ界ってこういうイメージ。

Twitter / yoshiya_448 (via squarejewel)